ケルセチンの効果と働き

  • 2011.02.14 Monday
  • 14:47
JUGEMテーマ:健康

ケルセチンの特に注目される働きは体の中の活性酸素を取り除く抗酸化作用と、花粉症、アトピーといったアレルギー症状を軽くする抗炎症作用。抗酸化作用には、細胞を酸化させるフリーラジカルを取り除き、総コレステロール値、中性脂肪の量を減少させる効果が期待されます。

それによって、動脈硬化や心臓病、脳卒中の予防になるとされています。

抗炎症作用は、アレルギー反応発生物質の活性を抑える働きがあります。

外からの刺激に対してますと細胞が過剰に反応し、ヒスタミンといった化学伝達物質が大量に流れ出て、結果アレルギー症状が現れますが、ケルセチンには、ヒスタミンやアレルギー反応発症物質の遊離を抑える働きがあるといわれています。

ケルセチンを摂り続けることでアレルギー症状が改善されることが期待されています。