SPFとは?

  • 2010.07.12 Monday
  • 14:58
UVケア化粧品に記載されているSPFの後に、必ず数字で「30」とか「50」という記載があります。

これはUVケア化粧品の意味として何を表すかというのは日焼けを遅らせる時間を長くすることです。

ですが、「30」「50」と記載があるからといって、単純に30分や50分遅らせるのかというと、それは全然違って、SPFの後に記載されている数字「1」に対して時間で換算すると「20分」とされています。

ではSPF30のUVケア化粧品を塗った場合、どれくらい日焼けを遅らせる感じのことができるのか計算するに関しては単純に掛け算をすればいいだけの話です。要するに20×30という計算です。
そうすると600分遅らせることができるということになります。1時間単位にすると10時間。

10時間といったら結構長い時間です。海や山でも10時間ずっと日差しを浴びるというも限界がある時間です。その前に日射病にかかってしまいそうです。

こう考えると、日頃の生活ではSPF30で十分と言えるだろうと思います。

こういった知識に関するクチコミが少ないせいか、正しい知識があることが少ないようです。

「SPF」は肌が赤くなるのを防止するという意味だそうです。