ニキビケア

  • 2009.07.30 Thursday
  • 13:44
ニキビには、食生活やストレスなどもかかわってきまます。
ですが、皮膚の原因に対してきちんとスキンケアを行うことでニキビができにくい肌に整えることができます。

皮膚の原因は、皮膚表面の角質が厚くなっていて、皮脂が多いと毛穴が詰まり、毛穴で細菌が繁殖してニキビができてしまいます。

そのため、余分な皮脂や化粧品、ホコリなどが毛穴に残らないように、お肌を清潔に保つ必要があります。
1日2回の洗顔で汚れをしっかり落としましょう。

厚い角質は、洗顔だけでは解決しにくいので、ピーリング剤を含んでいる洗顔料などを利用するといいでしょう。

ニキビがあると、皮脂が多いことによるベタつきを気にして、保湿をしない人が多いようですが、それでは乾燥して皮脂腺が肥大してしまいます。そのため、より皮脂分泌が活発になってしまうんです。

脂っぽいベタつきと、保湿は違うので、洗顔後はしっかり保湿をしましょう。
  • 0
    • -
    • -
    • -